2008年6月の記事一覧

こんにちは、勝亦竜大です。

明日16日月曜日、市川市議会6月定例会において、一般質問を行います。

時刻は、午前11時頃から行う予定です。

インターネットでも中継をしていますので、ぜひご覧になってください。

(その後は約三日程度経過しますと、市川市HPから録画の映像もご覧になれます。)


今回で5回目の質問となります。

今日も準備をしている最中ですが、どんな視点・立場に立って物事を見るか?

それによって、質問の内容やそこで聞きたいことは、同じ事柄の質問でも変わってきますね。


以下に内容を記載します。(市川市ホームページより)

20.勝亦竜大 議員 (市民連合・あい)

○教材費に関して(関係者)

・文部科学省は5月12日、平成18年度の公立小中学の教材費購入状況についての調査結果を公表、その後「教材費も3分の1流用」との報道もあった。本市においてはどのような状況となっているか伺います

○市民マナー条例の今後の方向性に関して(関係者)

・現在、主要駅周辺が市民マナー条例の導入によってきれいになり、健康都市の象徴となっている。導入後4年が経過しますが、現状の問題点と今後の方向性を伺います

○都市計画道路3・4・18号八方橋拡幅工事に関して(関係者)

・ 八方橋拡幅工事に関連して市民よりメールをいただいた。冨貴島小学校の子どもたちの安全と環境悪化をとても心配されていた。子どもたちの安全・健康への影響をどのようにとらえているのか

※「○教材費の予算化率に関して(関係者)」を「○教材費に関して(関係者)」に
 「~本市において予算化率は~」を「~本市においては~」に、それぞれ訂正します。(6月11日)

納税者保護誓約書

 こんにちは、市川市議会議員 かつまた竜大 です。

 今年の2月7日、私は「納税者保護誓約書」にサインをしました。

 以下にその内容を記します。

               納税者保護誓約書

 日本税制改革協議会
 会長 内山 優 様

 市川市議会議員 勝亦竜大 は、

 市川市の納税者とすべての住民に約束いたします。

 子供にツケをまわす議決に反対します。

                             2008年2月7日

                             市川市議会議員 勝亦竜大

                                立会人    吉田 寛 
 

 私がサインをした理由に関して、その理由を書いてみます。基本的な考えは、均衡財政を必要とするということです。何故、均衡財政が必要なのか、を記してみます。


 今、私たち日本人は民主主義社会に生きています。また、国民主権という言葉通り、主権が国民にある状態です。専制君主に主権がある社会ではなく、国民に主権がある社会、自分たちの代表を選挙で選ぶ社会、それが民主主義社会です。

 つまり民主主義とは、専制君主に対応する概念として、民主という概念を設け、人民が主権者として、為政者たる「民主」と、被治者たる市民が同じであるとする政治制度を言います。その民主主義のもと、私たちは国会議員・県知事・県議会議員・市長・市議会議員を選挙で選んできました。従いまして、「民主」たる議員は、被治者である市民と同じであります。「民主」とは私たちが選挙で選んだ市民の代表です。市民の代表が政治を行う制度、それが民主主義であります。

 さて、その民主主義のもとでは、国民が全体として強制力を行使します。その強制力を持って行使するものが課税権であります。今、消費税の論議が持ち上がっていますが、実は、今までの説明からお分かりのように、税とは我々己自身が自らに対して行使しているものなのです。何故ならば、議会で消費税のことや増税のことを決めるのは、我々の代表である議員です。自分の代わりの人物(自らの代表)が決めることに対してNOとは言えないはずです。

 アメリカ独立運動の時、「代表なければ課税なし」というキャッチコピーとともに、当時の植民地アメリカは、「代表を送っていないイギリス議会によって行われる課税は不当である。」としたのです。何故税金を払うのか?それは、「我々が承諾するから」です。よって承諾無しに税金を課税することは出来ないこととなります。

 均衡財政が必要な理由も同じです。バランスの取れた財政、赤字のない財政、が必要です。

赤字とは、将来の子どもたちが負担しなくてはならない「ツケ」です。

「子供にツケをまわさない!」ことが求められています。

何故ならば、子供たちは代表を決めるに当たって一度も意思表示をしていないからです。

 こんにちは、市川市議会議員の勝亦竜大です。

一ヶ月以上ブログの更新が滞っていました。 どうもすみませんでした。


 実は、NTTの「フレッツ光」に変更をしたのですが、

変更後、使用していたパソコンがインターネットに接続出来なくなってしまいました。

私にとって、インターネットやITC関連のことはわからないことだらけ。

このブログでも「光」回線のことを書きましたが、業者の勧められるままに繋げたら・・、

なんと、「インターネットに接続できない」という事態になってしまいました。

NTTに問い合わせても「わからない・・」とのこと。

たしかにハードの問題だから責任は持てませんよね。

今日、新しいDELLのパソコンに接続して、やっと今、このブログを書いている状況です。

所属会派「市民連合・あい」の議会控室にも1台パソコンはあります。

ただし、5人で共有しているので、私個人が占有出来ないという状況でした。


 先週の6月4日水曜日、市川市議会6月定例会が開会しました。

ようやくインターネットにつながりましたので、これからブログで報告していきます。

どうぞよろしくお願いします。


 

市川立教会 平成20年度総会及び懇親会・新入生歓迎会

2008年6月7日  浦安市 ホテルオークラ東京ベイ マーガレットルームにて

市川立教会 平成20年度総会及び懇親会・新入生歓迎会を34名の参加者を迎えて、お隣り 浦安市 ホテルオークラ東京ベイで開催しました。

最初に平成20年度市川立教会総会を開催し、その後同じ会場で、浦安地区の校友の皆様、新入生、在校生を迎えて懇親会を開始しました。

司会は事務局長が担当され、市川立教会会長による開会の挨拶の後、開宴となりました。

今回は浦安市のホテルで開催することから浦安市在住の校友の皆様に御誘いをさせて頂き、12名もの方が参加されました。

歓談はとても盛り上がり、これを機会に市川と浦安で合同企画を開催し、次回は9月 屋形舟で懇親会を行おうとなりました。

今後の展開が楽しみです。

会の途中、プロの手品師によるマジックタイムが有り、全員が驚きの連続でした。

後半は、立教大学マンドリンクラブによる素敵な演奏を楽しんでいただきました。

締めは恒例の校歌斉唱でしたが、当日は応援団出身の方がいらっしゃらなかったので、なんと私がご指名を頂き檀上でエールを行いました。

皆様、立教大学の校歌とエールに盛り上がり閉会となりました。(緊張しました・・・。)


このページの上部へ

ABOUT

市川市議会議員「かつまた竜大」
のオフィシャルサイトです。
ブログで活動報告を中心に発信して参ります。
●市川市議会での役職「副議長」
●所属会派「民主・連合・社民」

サイト内検索