2008年10月の記事一覧

こんにちは、勝亦竜大です。

10月25日土曜日発行の「市川よみうり」に都市計画道路3・4・18号の記事が掲載されていました。
とても驚きました。
私は、お互いの主張を取り入れた代替案がまとめられないかを検討していました。
議会の一般質問でもそういった発言をしてきました。

「変更」から「反対」へと、住民の皆様の主張が大きく転換されたことを書いた記事です。
とても良く取材をしていると思います。

内容を転載させていただきます。


計画「変更」から「反対」へ主張転換

3・4・18号住民協議会


 市川市は6日、都市計画道路3・4・18号の整備に必要な未買収地の収用裁決申請に向け、土地調書と家屋調書を作成するための立ち入り調査を今月から始めると発表した。これに対し、3・4・18号線住民連合協議会は、「都市計画によるまちづくりを放棄した進め方で、住民に対する計画説明会の責務すら果たさず、法律に定める手続きを無視している」と非難。一部地下化などへの計画変更を求めていたこれまでの方針から、「現計画への反対」という方針への転換を明確にした。

 都市計画道路3・4・18号は、鎌ヶ谷市から京葉道路・市川インターチェンジを経由して浦安市に抜ける南北の幹線道路で、そのうち本北方橋から国道14号までの約1・6㌔㍍が未整備の状態。未整備区間は昭和48年に環境問題への懸念などから事業計画が凍結されたが、同61年に地域住民の合意を得ることなどを条件に凍結が解除された。

 だが、交通量1日1万台以下で設計されている同道路には、開通直後から1日3万台以上が通行すると見込まれており、同協議会などの沿線住民は環境が悪化するとして計画の変更や撤回を要求。環境基準をクリアすると主張する市とは平行線を続けている。

 また住民側は、同道路の延長線上付近にある北千葉道路が平成20年代半ばに成田空港と接続される計画であることから、交通量が3万台を大きく上回ることになると予測。しかし、市はこれについても否定的な見解を示している。

 こうしたなか、市は市議会からの建設促進決議などを背景に、平成17年から一部の橋の工事に着手すると、昨年11月には道路の完成目標を平成27年度に設定。今年に入ってからは、土地収用法を適用して強制的に用地を取得する方針を明らかにしていた。

 市は今月までに、未開通部分の取得対象用地百86件のうち、約94%にあたる155件を取得。残り31件のうち12件は、事業計画への反対などにより土地・建物の調査を拒否している。

 今回、市が立ち入り調査を行うのは八幡5丁目の地権者のうちの一部だが、件数など詳細は明らかにされていない。立ち入り調査が終了した土地に関しては土地調書と物件調書を作成し、今年度中に収用委員会に裁決を申請するとしている。

 一方、3・4・18号線住民連合協議会は、市が強硬手段に突入したことで、「現計画しか認めない」という市の姿勢が示されたものと判断。市の対応や計画の問題点などを厳しく非難するとともに、計画に反対して現在の住環境を守ることを、沿線住民に強く呼びかけている。

asahi.com より

15人と格闘、隊員死亡 海自、集団暴行の疑いで調査
2008年10月13日11時51分

 広島県江田島市の海上自衛隊第1術科学校で今年9月、海自特殊部隊「特別警備隊」養成課程の3等海曹(25)が、1人で15人を相手にした格闘訓練中に意識不明になり、約2週間後に死亡していたことが分かった。海自呉地方総監部(広島県呉市)は部内に事故調査委員会を設け、傷害事件にあたるかどうか調べている。

 海自警務隊も、訓練名目で集団暴行していた疑いもあるとみて関係者から事情を聴いている。

 呉地方総監部などによると、格闘訓練は9月9日午後4時ごろから、教官2人の監督のもとで始まった。3曹は1人で次々と15人を相手にし、午後4時55分ごろ14人目の隊員のパンチを受けて倒れたらしい。意識不明になって近くの病院に運ばれ、同25日に呉市内の病院で急性硬膜下血腫のため死亡したという。

 3曹は今年3月に、特別警備隊を養成する第1術科学校の特別警備応用課程に入ったが、本人から途中で辞めたいという申し出があり、9月11日付で同課程を罷免され、他の部隊に配属される予定だった。

 訓練は「徒手格闘」で、頭や胴に防具、手にグローブを着けて闘う。辞める隊員への見せしめのための暴行だった疑いもあり、事故調査委員会は慎重に検証している。

 特別警備隊は政府の海上警備行動の発動で不審船に立ち入り、武装解除するのが任務。

**************************************************************************************************************
 以上、今日飛び込んできたニュースです。

 2007年に初当選した市川市議会同期議員の集まり「初新会」があります。実は、その「初新会」の視察で5月13日に第一術科学校に行ってきました。写真は、学校のある江田島に向かう船の中で撮影した写真です。

 左から、プリティ長嶋議員、桜井雅人議員、田中幸太郎議員です。校内の「参考館」という資料館での戦争資料展示を見学することを主な目的として行きました。私は以前にも「参考館」に行った経験が有ります。戦争中に何があったのかを、多くの資料と共に、後世の人たちに伝えている施設であると認識をしていました。

 このニュースに対して、この写真の笑顔、亡くなられた隊員の方や親族の方には、大変失礼かと思います。しかしながら、江田島に向かう船の中で私たちは、第一術科学校がそんな場所であるとは想像も出来ませんでした。まさか、あの場所でこんな事件が起きたとは・・・。  ショックです。

 本当に海上自衛隊はどうなっているのか?多くの国民が今回の事件に関して、きちんと真相が究明されることを望んでいると思います。私自身もこの問題に関してどう考え、どう思うか、多くの人々に問いかけていきます。


P5130516.JPG

友人からの情報です。

私自身が行けるかわかりませんが、東京都内に勤務の方、ぜひ覗いてみてください。
開場時間は、11時から20時だそうです。

以下、友人からメールです。

僕の友人がこの度写真展を開催しますので、是非ご覧下さい。
彼はニセコ在住でスキーカメラマンです。いい写真撮りますよ。

    渡辺洋一 写真展 「雪と太陽へ」

期日:2008年10月10日(金)~16日(木)
場所:CREARE Aoyama Art Forum
住所:〒107-0062 港区南青山2-27-18 青山エムズタワー2F(東急ステイ青山内)
TEL:03-3402-3751 
交通:外苑前駅(東京メトロ銀座線) 1a出口 徒歩2分
HP:http://www.creareaoyama.jp/

f0133465_3265232.jpg

こんにちは 市川市議会議員 かつまた竜大です。

本日 2008年10月10日 

私の議会報告「竜大通信」第7号『市川市議会9月定例会報告号』を発行しました。

多くの市民の皆様にご覧になっていただけるよう、

これから朝の駅頭などにおいて配布をさせていただきます。

どうぞ、お手にとってご覧になってください。

よろしくお願いいたします。

このページの上部へ

ABOUT

市川市議会議員「かつまた竜大」
のオフィシャルサイトです。
ブログで活動報告を中心に発信して参ります。
●市川市議会での役職「副議長」
●所属会派「民主・連合・社民」

サイト内検索