2010年11月の記事一覧

こんにちは 市川市議会議員 かつまた竜大です。

本日11月26日から市川市議会12月定例会が開会となりました。

定例会の初日から、とても心配な情報が教育委員会から流れてきました。
大柏小学校の1クラスを11月26日~29日まで学級閉鎖にするとの事です。
児童29人中、8人が欠席、うち3人がインフルエンザとの事です。

このインフルエンザのニュースは市川保健所管内(市川市・浦安市)における、この冬最初のインフルエンザ報告の為、プレス発表があるそうです。

朝、駅前に立っていたり、街を歩いていると風邪の方をたくさんお見かけします。
ぜひ、皆さん気をつけてください。
お部屋の湿度を上げたり、うがいや手洗いの励行をお勧めします。
体の疲れをとる事も大切です。
遅くまで起きていないで早く寝ましょう。

特にお勤めの方は、仕事も忙しい、忘年会もある、となかなか大変な季節ですが、ご自分の健康管理はご自分で行う覚悟で、これからの師走の季節をお過ごしください。

真間川の桜並木

20101113%E7%9C%9F%E9%96%93%E5%B7%9D%E3%81%AE%E6%A1%9C%E4%B8%A6%E6%9C%A8.jpg

 今日11月13日土曜日、真間川沿いの桜並木を見てきました。川沿いを歩いていると紅葉した葉が次から次へと落ちていきます。季節が秋から冬へと向かうのを実感しました。

 撮影した場所は都市計画道路3・4・18号が計画されている場所でもあります。桜並木だけでなく市川市の誇るクロマツもたくさんあります。私はこの道路に関して、現在の計画に反対の立場です。反対する一番の理由は、現計画のままこの道路が開通してしまうと大渋滞道路になり、夜間も振動や騒音がひどい、地域住民に大きな悪影響を及ぼす大公害発生道路となる事が予測されるからです。さらには、計画が進められてしまうと、この桜並木やクロマツのある景観が一変してしまいます。このことも私は大変不満に思っています。

 市川市を代表する素晴らしい景観を何故守る事が出来ないのか、自然を守る、景観を守る立場からも私は反対です。本当にこの道路を現在の計画のまま開通していいのでしょうか。私は多くの市民の皆様に、これからもこの問題を訴えて行きます。

 10月31日に発行した議会報告「竜大通信」第15号でもこの道路問題に関する記事を掲載しました。9月議会の一般質問で取り上げました。その内容を抜粋して掲載します。


都市計画道路3・4・18号について(「竜大通信」第15号より)

【質問1】
 裁判と土地収用の問題に関して聞く。

 住民が起こした訴訟は、9月21日に結審し、今年12月21日に判決が出る。
今回の訴訟問題に関して、以前から市議会の場で、住民との話し合いを通じ、住民からも意見をしっかり聞いた上で、実行可能な案を追求し、良い代替案を考えるべきと訴えていた。また、私からも代替案の提案をしたが、残念ながら受け入れてもらえなかった。

 一方で、市は2008年7月19日、前市長から全地権者を対象に、「収用手続きに入る」という内容の通告をした。その状況の中で、住民は翌年2009年2月に訴訟を起こした。住民をここまで追いつめてしまった市川市には、大きな責任がある。

 また、土地収用問題に関しては、市川市が住民との徹底した議論、具体策の話し合い、任意買収の努力といったものを放棄して、千葉県収用委員会に下駄を預けてしまった。市はどのように考えているのか。

 住民と話す機会があるが、裁判がどのような結果になろうとも、住民側は裁判をやり抜く覚悟でいるようだ。多分、地権者だけでなく、地域を上げて、地域住民が一体になって支援体制に入っている。今後は、12月21日に裁判の結果が出るが、結論が出る前に市川市としての裁判に対する考えを聞く。

 さらに、土地収用の問題に関しては、「話し合い」よりも、まずは「収用」という方針があるのではないか。

【答弁1】
 裁判に関して、市としては違法性がないと説明してきた。判決を待って適切に対応していきたい。 土地収用に関して、裁決の出された土地に関しては、平成二十三年二月まで任意による交渉を続けたい。残りの案件に関しても任意による交渉をしていきたい。 任意交渉を継続する考え方は現在も変わっていない。

【まとめ】
 住民側は私の質問当日10月6日、千葉県収用委員会を相手取り裁決の取り消しを求める訴訟提起を千葉地裁に行った。今後、収用の執行停止を求める申立てを行えば認められる可能性もあります。

 以上が記事の内容です。「都市計画道路3・4・18号の裁判と収用に関して」質問をしましたが、そもそも国や県の道路ではなく、市の道路で収用問題が発生したという事は、市の行政能力が疑われる(そこに至るまでに行政側において、地権者や地域住民との意思疎通に欠落があったからと想定されるので。)問題です。私は住民と市がもっとじっくり話し合う場を創りたいと思います。

 しかしながら、もう遅かりしか・・・。

このページの上部へ

ABOUT

市川市議会議員「かつまた竜大」
のオフィシャルサイトです。
ブログで活動報告を中心に発信して参ります。
●市川市議会での役職「副議長」
●所属会派「民主・連合・社民」

サイト内検索