2011年9月の記事一覧

こんばんは、かつまた竜大です。

最近はツイッターでの情報発信に比重を置いています。その分、ブログの更新がおろそかになっていまして大変すみません。ツイッターの内容もブログの画面からご覧になれるようにしましたが、やはり、バランスが大事ですね。

9月27日(火)午後2時(予定)から一般質問を行います。市民の皆さまの声をしっかりと伝える事が出来るように頑張ります。

質問の通告内容は以下の通りです。

【1】公立幼稚園の問題について(関係者)(中項目ごと)
 (1)中期的方向性について
 (2)将来的方向性と「認定こども園」について

【2】放射能汚染問題について(関係者)(中項目ごと)
 (1)大気中の放射線量の正確な測定と正確な測定箇所の公表について
 (2)放射線量の低減策について

【3】道路交通行政について(関係者)(中項目ごと)
 (1)市川市自転車の安全利用に関する条例施行後の課題について
 (2)都市計画道路3・4・18号裁判と収用の問題について

 こんばんは、市川市議会議員かつまた竜大です。

 先週の金曜日9月2日から市川市議会が開会となりました。今議会においては震災対応の補正予算をはじめ、多くの市民が問題にしている公立稲荷木幼稚園廃園の議案も提出されています。

 さらには、放射能汚染問題を心配する市民の皆様からその対策等に関する請願も提出されています。今日はこのブログの中で、『子ども達への放射能被害を減らすための要望書』として約800人の方から頂いた署名と共に提出された請願に関して委員会での審議結果を報告させて頂きます。

 昨日、総務委員会で審議された請願に関しての説明をします。私は環境文教委員会委員の為その場にはいませんでした。同じ会派の議員から昨日と今日にかけて聞いた内容を報告させて頂きます。

 そもそも請願とは、市民の皆様の希望や意見を、直接市政に反映させるための手段として、誰でも請願書や陳情書を議会に提出することができます。 「請願」とは、国や自治体などに意見、希望、要望を述べることです。憲法上、何人に対しても権利として認められています。提出の際は議員の紹介を要します。また、提出された請願は、委員会に付託し、市議会において審議され議決されます。

 審議された請願は審査の結果を(1)採択すべきもの(2)不採択とすべきもの いずれかの区分により意見を附け議長に報告しなければなりません。しかしながら、そのどちらにも当てはまらない請願に関しては「継続審議」として次の定例会の委員会において再度審議をする事となっています。

 今回の請願は、審議の中で二人の委員が意見を陳述して「採択すべき」と「継続審議とすべき」と二つの意見に分かれたそうです。結果的に委員会内での多数決の結果、5対5の同数となりました。その為、委員会を取り纏める委員長の判断に委ねられ、「継続審議とすべき」となった模様です。

 その為、今回の請願は提出者が取り下げない場合は再度、次回開催の市川市議会12月定例会において審議される事となります。

 以上、形式的な文章かもしれませんが、報告をさせて頂きます。委員会における審議内容は議会事務局がまとめる総務委員会議事録で詳細を確認をして頂きたいと思います。

このページの上部へ

ABOUT

市川市議会議員「かつまた竜大」
のオフィシャルサイトです。
ブログで活動報告を中心に発信して参ります。
●市川市議会での役職「副議長」
●所属会派「民主・連合・社民」

サイト内検索