2012年5月の記事一覧

 こんばんは、かつまた竜大です。一昨日から昨日にかけて、利根川水系流域の浄水場で大きな事故となったホルムアルデヒド検出の問題です。結局、原因は特定できないようです。参考にmsn.産経ニュースを掲載しますが、「原因は特定出来なかった。」で終わってしまいそうな雰囲気が感じられます。それでいいのでしょうか。

 幸い市川市内では断水にまで至りませんでしたが、千葉県内では34万世帯もが影響を受けました。またツイートもしましたが、飲食店や理美容室では断水によって営業(売上)にも大きな影響がありました。特に理容室などでは休日の土曜日はお客様(男性の)が集中するはずなのでたった一日でも大きな痛手となります。各浄水場を経由して首都圏の生活用水となる利根川水系がいったん汚染されると、こんなにも大きな影響を与えてしまうという事を確認出来たわけでもありますので、今後の対策、化学物質の管理等、しっかりやってもらいたいと思います。


※msn.産経ニュースより
「原因特定難しい」 反応物質は数百種類以上
2012.5.20 22:33
 利根川水系の浄水場で有害物質のホルムアルデヒドが検出された問題は20日、汚染源の特定には至らなかった。汚染は一時的だった可能性が高く、関係者からは「原因の特定は難しい」との声も出ている。

 埼玉県は周辺の化学系工場から塩素と反応してホルムアルデヒドを生成する化学物質のヘキサメチレンテトラミンが流出した可能性があるとして、汚染源は利根川支流の烏川(群馬県高崎市など)と推測。群馬県では調査結果から「すでに汚染物質の流出は終わった可能性があり、現状では汚染が始まった流域も絞り込めていない」と説明する。

 ホルムアルデヒドになる化学物質はヘキサメチレンテトラミン以外にも数百種類以上存在する。さらに年間1トン以上の指定化学物質を扱う事業所は国への届け出義務があるが、1トン未満の事業所が多数を占めており、自治体側が大半を把握していないことが原因物質の特定を困難にしている。

 龍谷大学の竺文彦教授(環境工学)は「工場から排出された化学物質か、浄水場でたまたま一気に増えて濾過(ろか)しきれなかった植物プランクトンなどの有機物が塩素と反応した可能性が高い」と指摘している。

水道の断減水情報 続き

 先程お知らせをした「水道の断減水」に関して、以下の情報がありました。今後の状況等に関しては最期にお知らせをします「市川市メール情報サービス」を御確認ください。現在、野田市では市内全域で断水をしているようです。NHKでも報道されています。
利根川水系 相次ぐ取水停止で断水も
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120519/t10015236671000.html

市川市緊急情報
水道の断減水情報
(2012-05-19 10:54:05)

千葉県水道局からの情報によると、19日午前1時10分に取水を再開した北千葉浄水場(北千葉(企))が再び午前7時25分から取水を停止しました。
このため、断減水の回避をお知らせした下記の地域でも、19日午後1時以降断減水が生じる可能性があります。

【断減水が生じる可能性のある地域】
市川市大野町、大町、柏井町、南大野


また、栗山浄水場(千葉県水道局)においては、状況の改善が認められたことから、午前8時より取水を再開しました。
このため、19日午前10時以降に見込まれていた下記地域の断減水は、当面回避できる見通しとなりました。
なお、栗山浄水場についても、今後の水質の状況によっては再び取水停止を行い、断減水地域が生じる可能性があります。その場合は、別途お知らせします。

【断減水を見込んでいた地域】
市川市市川、市川南、大洲、大和田、鬼越、鬼高、北方、国分、新田、菅野、須和田、曽谷、高石神、東大和田、東国分、東菅野、平田、真間、南八幡、宮久保、本北方、八幡

市川市危機管理課

※「市川市メール情報サービス」緊急情報
http://www.bousai-mail.jp/ichikawa/rireki/1.html

水道の断減水情報

 おはようございます。市川市危機管理課から以下の情報がありました。対象地域の皆様は御注意ください。因みに、ホルムアルデヒドは、樹脂や防腐剤などに使われる化学物質です。吸引すると目や鼻に刺激を感じる他、高濃度では呼吸困難を引き起こす可能性があります。また発がん性もあります。千葉県では現在、浄水場における粉末活性炭の増量注入や緊急の測定体制を続けるとともに、原因の特定を急いでいるとの情報です。


水道の断減水情報
(2012-05-19 08:12:36)

千葉県水道局からの情報によると、江戸川流域の浄水場において、浄水のホルムアルデヒドが基準を超過するおそれが生じたことから、19日午前0時30分から栗山浄水場での取水を停止しており、19日午前10時以降、市川市の次の地域で断減水が生じる可能性があるとのことです。

【断減水の生じる可能性のある地域】
市川、市川南、大洲、大和田、鬼越、鬼高、北方、国分、新田、菅野、須和田、曽谷、高石神、東大和田、東国分、東菅野、平田、真間、南八幡、宮久保、本北方、八幡

詳細につきましては、千葉県水道局のホームページ等をご覧ください。

市川市危機管理課

※栗山浄水場取水停止に伴う断減水について(千葉県水道局HPより)
http://www.pref.chiba.lg.jp/suidou/jousui/press/201205191.html

 こんばんは、かつまた竜大です。昨日、来週から行く視察の内容等をお知らせしています。22日は山形県新庄市の隣り金山町の認定こども園「めごたま」の視察に行ってきます。金山町では以前、私立幼稚園と公立保育園が1園づつあったそうですが、過疎化と少子化の流れの中でそれぞれの園児数が減少してしまい、私立幼稚園(当時めばえ幼稚園)の要望で「園児数を増やさないと目指している教育が行えない」という事が大きな理由で認定こども園が設立されたようです。詳しくは現地で調べてきます。

 このような事情は市川市ではあまり考えられないかもしれませんが、今後、少子化が進展して行くと将来の市川市でも想定できる事かもしれません。ひとつの事例としてしっかり「研究・調査」してきます。ちなみに私も「幼保一元化の問題」に関して議会で質問をしています。質問をした大きな理由は、かなり大胆な発言かもしれませんが、日本国内で文科省管轄の幼稚園と厚労省管轄の保育園という二つが存在していることは、二重行政であり、大きな問題だと考えています。(あくまでも個人的な意見です)諸外国において、幼稚園と保育園と二つに分かれている国は、ほとんどないはずです。市川市でも公立幼稚園の廃園問題がありましたが、この二重行政を解消する事が、例えば保育園の待機児童解消にもつながるのではと考えています。かなり過激な意見かもしれないので、この辺で止めておきます。民間サラリーマン出身者から見ると非常に効率が悪く感じます。

※それぞれの私立幼稚園が独自の教育方針と教育方法によって長年に渡り子ども達を教育されてきたことは大変評価をしています。しかし、幼稚園と保育園、それぞれに税金を使うのを見ていますと、「もう少し何とかならないものか」と思ってしまうのです。関係者の皆様には「何を素人が言っているのか」と言われる方もいるでしょうが、私は自分自身の社会経験を通じて「素人の意見」は大切だと思っています。

※認定こども園めごたま
http://www.megotama.or.jp/

新庄100円商店街

 こんばんは、かつまた竜大です。来週5月21日月曜日~22日火曜日にかけて山形県へ視察に行ってきます。初日は新庄市の「新庄100円商店街について」、二日目は金山町の「認定こども園めごたま視察」と「街並み(景観)づくり100年運動について」です。

 メンバーは同期の議員6名です。会派はそれぞれ違いますが、市議会でのテーマは党派を超えた問題が多いので、個々のテーマに関しての考え方は個人個人、または所属政党によって違うと思いますが、共通のテーマへの関心がありますので、今回のような視察となりました。

 ちなみに新庄100円商店街は、中小企業庁のホームページ内「がんばる商店街77選」でも紹介されています。
※参考 http://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/shogyo/shoutengai77sen/idea/2touhoku/2_touhoku_07.html

 このホームページにも書かれていますが、「商店街全体を一店の100円ショップに見立て、全ての店の店頭に100円コーナーを設置。会計は店内のレジで行う為、買い物客は気がつかないうちに店内に誘導される形で足を踏み入れ、今まで入ったこともない店内の様子を知ることに。各個店では専門店だからこそできる在庫処分も可能となり、100円ショップでは陳列不可能なレベルの掘り出し物が軒を連ねる。」という方法です。

 この情報は今年に入って知ったものです。市川市内でも将来的には商店街の地盤沈下が進展してしまう可能性があります。面白そうな企画なので、市内の商店街でも導入をしてみたら良いのではないかと思いました。そこで、早速現地へ視察に行くことにしました。視察終了後、また報告させて頂きます。

 こんにちは、市川市議会議員かつまた竜大です。今日、いつもお世話になっている方から以下のようなメールを頂きました。ぜひ興味ある方、賛同したい方、支援したい方はお集まりください。私は残念ですが、以前からの予定があって参加出来ません。私はこの取り組みに関しては大賛成です。賛同者としてお手伝いをしたいと思います。

“今月19日に市民放射能測定室開設準備会を開催します。お時間があればぜひご出席いただけないでしょうか。現在、測定室を開設する場所は見つかりましたが、10月開設に向けて維持会員、賛助会員の募集をしていきたいと思います。どうぞご支援、ご協力をよろしくお願いします。”


※「食の安全を守る会・湾岸」ホームページより御紹介します。
http://foods-safety-wangan.blogspot.jp/p/blog-page_01.html


市川市市民放射能測定室(いちベク)

市川市内で放射能汚染問題に取り組む6団体で、「市川市市民放射能測定室」(いちベク)を開設準備中です。

来る5月19日(土)に、第1回開設準備会を実施いたします。
時間:14:00~16:30
場所:市川市中央公民館

ご関心のある方は、是非お越しください。

「防災」について

 こんばんは、かつまた竜大です。普段から市民の皆さんといろいろな機会でお話しをします。そんな時に最近よくある質問が「震度7以上の地震が来たらどうなるのか?」、「市川市にはどれ位の高さの津波が来るのか?」、「自分の住んでいる場所は液状化の心配はないのか?」といった内容です。津波や液状化に関しては先日千葉県から発表がありましたので、その内容を伝えていますが、実際のところは起きてみないとわからないことです。「起きてみないとわからない。」大変申し訳ございませんが、そう言うしかありません。私の口から「津波に関して、この地域は絶対大丈夫です。」とか、「マップから見ると、この場所では液状化は考えられません。」とは言えないのです。

 では、どうしたらいいのか、それは今出来る、可能な限りの万全な対策を行うということです。例えば、地震の問題であったら「地震はいつ起きるかわからないので、寝室等には大きな家具は置かないようにする。」ことであったり、津波に関しては、避難場所や避難経路、さらには緊急避難の建物などを今から確認し避難訓練をすることです。一人でも出来ます。「防災」とはまさに言葉の通り「災害を防ぐこと」、予め予測できることに対しては対策を立てて今から実行することです。今年は防災の問題に関して、地域で、議会活動で、今まで以上に取り組んでいきます。

 こんにちは、かつまた竜大です。今朝の東京新聞に、柏市の放射性焼却灰仮保管の問題が報道されていました。東京新聞のウェブサイトにも掲載されていましたので、最期をご覧頂きたいと思います。柏市の南部クリーンセンター(南増尾)で放射性セシウムを含む「ごみ焼却灰」が発生している問題について、柏市は5月13日(日)、近隣住民向けの説明会を開催しました。テレビのニュースでも報道されていましたが秋山浩保市長自らがマイクを握って説明している映像が報道されていました。

 新聞には、説明会に集まった市民約130人からは「100%安全でも反対だ」という反発の声が上がり、一方秋山市長もごみ処理継続のため「だめだと言われても進めさせていただきたい」と強い決意を述べたと報道されています。市川市では幸い現時点で自分の街のごみ焼却灰からは基準を超える灰(この基準自体が問題ですが)は発生していません。そのような中、被災地の「がれき受け入れ」を表明してしまったのです。他市では自らの街の焼却灰でこんなにも困っている市があるという事実をきちんと認識すべきだと思います。

 私は、昨日13日の説明会に参加された柏市南部クリーンセンター周辺にお住まいの住民は決して地域エゴで言っているのではないと思います。やはり放射能というのは何が起きるかわかない物、得体の知れない物です。放射能を帯びる焼却灰を自分が住む場所で受け入れるということは、誰であっても反対するでしょう。コンクリート製の筒を連結し、その厚さは30センチメートルあるとのことですが、本当に安全なのでしょうか。コンクリートであっても経年劣化します。水漏れ対策もどのような対策なのでしょうか。他市の事ではありますが、私も絶対に反対すると思います。そもそもこのような問題を引き起こす原因となった東電や原発政策を推進してきた国がきちんと責任を取るべきです。何故、地方自治体がこのような困難に直面しなければならないのか、私は納得がいかないです。

※敷地内にコンクリ箱 放射性焼却灰仮保管 柏市、住民説明会で方針
(東京新聞WEBより)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20120514/CK2012051402000142.html

大規模修繕工事

 こんばんは、かつまた竜大です。私が住んでいるマンションでは今年、大規模修繕工事を行います。今日は午前中に工事計画説明会が開催されました。私は修繕委員会のメンバーですので当然参加しました。

 大規模修繕工事を行うに当たっては、事前に区分所有者皆さんへのアンケート実施や要望の調査、さらには状況確認等々多くのことを行いながら全体としての方向性をまとめ、工事内容を決定し、業者を決定し、管理組合理事会に確認して頂き、最終的には管理組合臨時総会を開いて区分所有者皆さんに判断をして頂くという、かなり手間のかかる内容であるとを改めて痛感しました。

 ただし、それだけにたくさんの勉強が出来ます。私は建築工事の専門家ではないので、修繕委員会での活動を通じてだんだんと工事に関して、言葉を覚え、意味を知り、いろいろな知識の習得が出来ました。一番の目的は、無事に大規模修繕工事を終わらせることですが、副産物として自分自身の建築工事関連の知識を向上させることにもつながると思い、面白く、楽しく修繕委員を務めています。

 いよいよ段階が進み、夏以降9月には着工へ向けて段取りが進んでいます。また、区分所有者皆さんのそれぞれの要望をひとつひとつを丁寧に吸い上げて対処し、出来ること、出来ないこと、それをはっきりさせることが大事だと思いました。何事においてもそうですが、ひとりひとりの意見を尊重する、聞くことは大事ですね。私は議員としての活動においてもひとりひとりの意見を丁寧にお聞きすることを大事に考えています。

 明日も修繕委員会の用事がありますので、これから準備をしないと。

 こんばんは、かつまた竜大です。今日、「いちかわ市議会だより 2月定例会号」が発行されました。今年の2月議会では会派「社民・市民ネット」の代表質疑を私が担当して行いました。代表質疑の主な内容、「塩浜地区の街づくり」と「特別養護老人ホーム」に関して質疑と答弁の内容がまとめられています。ぜひ、他の会派の代表質疑も含めてご覧になって頂きたいと思います。このブログの中でも書いていますが、「塩浜地区の街づくり」に関しては津波対策や液状化対策等をしっかりやるべきと考えています。

 また、一般質問に関してもまとめてあります。今回、私は3つの項目に関して一般質問を行いましたが、PPS(特定規模電気事業者)に関する項目を掲載してもらいました。因みに、「いちかわ市議会だより」は議会事務局の担当者が作成しています。内容に関して、微妙に質問した側の考えや意図と違う場合もありますことを理解願います。

一般質問  ~ 行政 ~
PPS(特定規模電気事業者) 

入札不調の結果受け どう取り組む

再度導入へ向け準備進めたい

かつまた竜大議員(社民・市民) PPSからの本庁舎への電力導入の入札は、今回は不調と聞くが、入札に踏み切ったことは評価したい。市として、不調となった要因や、今後の導入への取り組みをどう考えているのか。

 1社での入札となり、予定価格を上回る入札結果であったことから、不調となった。その要因として、PPSへのヒアリングによれば、原料の値上げに伴い、調達コストが上がったことで、入札に参加できなかったこと等が考えられる。今後は、財政負担を少しでも軽減できるよう、夏以降の電力供給状況等を見極めるなど、再度導入に向けた準備を進めていきたい。

このページの上部へ

ABOUT

市川市議会議員「かつまた竜大」
のオフィシャルサイトです。
ブログで活動報告を中心に発信して参ります。
●市川市議会での役職「副議長」
●所属会派「民主・連合・社民」

サイト内検索